▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

みなみた日記

今日、かんじたこと


令和14日め 2019年05月14日(火)

59,389 byte

雨だったり、北風だったり夏日だったり・・・

随分不安定な天気が続く2019年です。

こんなに毎日稽古場に詰めて息切れを起こさないか
心配なのは・・”疾走する演出家”冨澤正幸さんです。

写真は主催の一人(ZOROMEHA企画)浅井星光を捕まえて指導する冨澤さん。

南谷は「眼鏡くん」の役なので、眼鏡をかけて喜んでいる(背後)

色々なキャストが切磋琢磨する稽古場・・・楽しい!!

令和になり 2019年05月02日(木)

43,821 byte

令和になりました
特に何が変わることなく、稽古場通いが始まっています。
1年ぶりのZOROMEHA企画。
清水邦夫作品を2020年まで上演しようと決めて、
そのVol2です。

「ぼくらは生れ変わった木の葉のように」に取り組んでます。
木冬社時代を一緒に過ごしたこともある中島久之さんが一緒です!!!
中島さんの、人間への興味と優しさが稽古場を温めてくれます。
かんのひとみさんも一緒です。初めましてだけどめちゃくちゃ安心感ある存在です。
そして坂本岳大くん。二兎社〜去年のZOROMEHA繋がって又稽古場を共にしてくれる・・・
浅井星光。去年「楽屋」で、何十年ぶりの壁を軽々飛び越えて出会った私達。
今年はどんな糸で絡まりあって行こうか…感謝と期待に包まれながら一緒にいます♪♪♪

チラシも出来上がってます。清水さんの世界が本の装丁の中に包まれたような素敵なデザインに仕上がりました。若き才能に感謝!!!

詳しくはhttps://rhythmcollection777.wixsite.com/zoromeha
にアクセスしてみて下さい★

選挙 2019年04月21日(日)

75,446 byte

いよいよ今週26日(金)はTN0202
文字通り「平成最後の」LIVE‘下北沢LOWNです。

下北沢一番街の、1Fhaカレー屋さんのビルに看板出てますので見つけて下さい★

そして本日は「平成締めくくりの統一地方選@東京23区(葛飾はないって?」

暮らしを見つめて選挙です。

TN0202のメンバーと過ごす時間を大切に思う南谷でした。

選挙には行きましょう

♡♡

寒いけど 2019年04月16日(火)

146,203 byte

八重の桜が寒そうに開き始めています

朝っぱらからヘリコプターが北へ向かって飛んでいくのを「物騒だなあ」と思いつつ

来週に迫ったTN0202@下北沢Lownの曲順に頭を悩ませる時間の至福を感じております


風は冷たいけど。
唄わずにはいられない

いってきまーす

4月^^ 2019年04月09日(火)

26,358 byte

あっという間に4月・・・

準備に追われる3,4月です。

備えあれば憂いなし・・だといいナア・・

外に出てばかりいると自分がスカスカになっていくのを感じるこの頃でもあります・・・

私の周りにも情報が溢れていて、その情報を吸収したり通過しながら毎日を過ごしております。

最近はQベースなるものを駆使して7月に訪れる憧れの地:枕崎のイベントでの音楽も製作中・・・

4月26日(金)は、TN0202(武田理沙・星智佳とのユニット)でのLIVEが準備されていて。

さあ。美味しいものを食べてがんばろ。

お彼岸 2019年03月21日(木)

79,977 byte

春の嵐。

心を痛める事も吹き飛ばしてほしいと風に願う。

こんな日も私は歌う。

歌っているしかないようで。

4月にはTN0202 LIVEやります。
3人でしか出せない音空間を創ろうと・・明日もリハ。

お楽しみに

清姫 2019年03月11日(月)

81,610 byte

8年という月日が
私に何を与えているのか

日本の人々に何を積み上げているのか・・・

自然や動物はただ黙々と日常を送る。

そんな自然の音に包まれて「にっぽん文楽」が開催中

明治神宮の森の鳥居前に忽然と現れた宮大工作成の文楽劇場・・・ひるまっからマス酒を注文した人が隣で飲みながら鑑賞する・・・

オツな計らいをしたのは日本財団。

勘彌さんの遣う清姫人形が青空の下で生き生きしていた。豊竹呂勢太夫は、切ない声を振り絞り・・・

文楽は野外で観るのも、よい。

雨降って3月 2019年03月01日(金)

136,465 byte

恒例の「岸田國士を読む」無事終了・・・・

恒例の、と書きましたがこのシリーズに参加して9年目。年2本を出品して来たから、18本目になります。

恒例=マンネリを脱出するべく出品する側もProgress(進化)しております♪♪

会場となる南青山MANDALAはLIVEハウスだと言う事。
朗読会だと言う事。
それらの特製を十分生かした作品選びと、その時々に集結した役者さん&ミュージシャンの個性を活かした空間を創ること・・・。

今回の「女、七歳」「或る日の動物園」はそのコンセプトに肉薄するものでした♪♪

ご来場の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!!

3月が来た。雨が降った。

来週はマンダラ 2019年02月22日(金)

66,506 byte

南青山MANDALAで、「岸田國士を読む」というシリーズが始まったのは、今から8年前の6月だったろうか・・・

すまけいさん・塩田宇宙君・南谷朝子で「ある親子の問答」、小野田由紀子、秋山エリサも加わり「空の赤気をみて」を上演したのが始まりでした・・・

時は流れ、それでも岸田作品を毎年2回掘り起こしては上演を続けることが、ある意味ライフワークのようになっている・・・不思議です。
上演形態が朗読だからこそ続けられるのでしょうが、ライブハウスマンダラの協力なしには成立しない企画でもあります・・・

今年はZOROMEHA企画の清水邦夫上演シリーズVol 2も
上演を待ちかねています・・・

縁ある作品とは何か。を考えさせられている春です。

写真は稽古場の風景

サプライズ 2019年02月05日(火)

85,676 byte

6月の舞台の為のワークショップが始まっている2月。

シェイクスピアを20数名で読み漁っているのですが、
インフルエンザの流行にも負けずメンバー皆さんの熱量が高い。

そんな中、6月の舞台を一緒に創るメンバーが
サプライズでお祝いをしてくれました。

完璧「サプライズ」でした。
(先輩、相談があるんでちょっと事務所寄ってください)(え、どんな困った問題が?)(それが・・・Happy Beirthday♪〜)

うれしいです。

すっかり忘れてたから。

有難う!!

★★大切なひとたち★★

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [ShowNext]


Web Diary UpVersion ver 1.27