▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

みなみた日記

今日、かんじたこと


就活ミュージカル 2015年03月11日(水)

53,024 byte

昨年から曲を書き始め、
ついには30曲以上作曲をしましたミュージカルの初日が迫っています。

3月18日〜22日池袋の芸術劇場:シアターウエスト

TASCUMのレコーダーから生まれていった曲が
DAIJIさん(ギタリスト)チームの手によって編曲され、キャストのみんなが楽譜を見て歌っている。

1年前の私からは想像のつかない光景が繰り広げられていて…
さあ。芸術劇場へ。
歴史の証人になってくださいませ♪

花粉症まっしぐらの、春。

^^

岸田國士を読む 2015年02月25日(水)

6,461 byte

3年連続で「雪だるまの幻想」を上演し続けたチーム井上思。
その成果とも言いましょうか・・・石の上にも3年と言いましょうか・・
今年の「雪だるまの幻想」は音楽的に充実しました。
・・といいますのも、
演出家である青柳敦子さんが、ピアノ伴奏を買って出て下さったのです!!!

その、ファーストタッチを聞いたとき、嬉しくて涙、涙、の私でした。岸田國士の劇世界に私が付けたメロディーを、ちょっとPOPにしてもらえたのです★★はい。

ボーイソプラノ:永山淳一君と、新井純さんの倍音豊かな声に包まれ、バス部分を請け負った私も思いっきり歌いました♪

カップリング作品「動員挿話」では、
桟敷童子の稲葉君と木冬社時代からの知り合い:素敵な先輩中島久之さんとの丁々発止、たのしかったです。

そして、今回、企画段階から楽しみにしていたのは
新井純さんとの久しぶりの共演。
台詞のやり取りの中に、純さんへの“愛”を込めさせていただきました(笑)
そしたら、お客様にそれが伝わったみたいで、嬉しかった★です。

ということで、無事終了のご報告とさせていただきます。

リーディング・ライブ 2015年02月14日(土)

119,318 byte

2月になり、立春もすぎましたがまだまだ寒い東京です。特に最近、風が強いですね。日本海側が大荒れに荒れていると、その都度思うのです…

さて、2月24日(火)の南青山マンダラ「岸田國士を読む・2015・冬」に向けての稽古が始まります。
久しぶりにご一緒する新井純さん、中島久之さん。なんて贅沢な稽古場でしょう^^楽しみです!!

今回私たちのチームが選んだのは、昨今の世界情勢に危惧を感じている私達のメッセージに代わるものかもしれません。

「動員挿話」

そして

「雪だるまの幻想」

美しくて哀しい世界を体験しに、2月24日(火)の南青山マンダラへ、是非お越しください(m_m)

神楽坂のにほひ 2015年01月26日(月)

88,889 byte

神楽坂に”春”らしきにほひ。

1月だというのに。

雨が近いからだろうか。

お目当ての喫茶店は月曜日休業。
お目当てのBARmも月曜休業。

だけど、2015年の活動に向けて
前向きな会合が、開かれました^^

今年は中勘介の生誕130年:没後50年の年だという事で、横浜の神奈川近代文学館では色々催しがなされるようです
♪港の見える丘公園の近く、
「神奈川近代文学館」へ足をお運びくださいね^^

さて、会合の後に、”セッションハウス”で開催されている写真家勝山泰佑さんの写真展へ!!
このたび出版された勝山さんの集大成写真集の、
1ページを、南谷朝子のにほひが飾っております。

2月7日まで開催中の
この写真展へお出かけください(m_m)

03−3266−0461 (セッションハウス・ガーデン)

日韓交流 2015年01月19日(月)

61,953 byte

韓国戯曲リーデイング。
14年にわたる協会の努力の結晶ともいえるべき成果が各所に現れた公演でした。

1回目、2回目、4回目に出演した私でしたが
7回目の今回、初めてゆっくり韓国の作家たちともお話しできました。
私にも年齢の余裕ができたのかなあ。なんだか、俯瞰という事が少しだけわかるようになってきたのです。

ここで出会った演出の保木本女史、演出助手の五十嵐君、委員会のメンバーでもある青木鉄仁さん、青年座の先輩山野史人さん、翻訳をした鬼頭典子さん、そして女優の皆さん、ありがとう!!

如月へ。心を馳せて。

1月の公演 2015年01月12日(月)

61,054 byte

1月の15日(木)19時〜、1月17日(土)14時〜、
三軒茶屋のシアタートラムで「五重奏」という韓国戯曲のリーデイング公演に出演しております★

先日、その宣伝に、ある会合に出かけたのですが、
お正月だし、
普段着使いの着物を着て行きました★

場所は門前仲町だったので
深川江戸資料館に行って、ちょうど「大鵬」の特集をやっていた会場で、等身大の大鵬と2ショット!


今年は北風が厳しいですが、
皆様
三軒茶屋のシアタートラムへお出かけください(m_m)

イベント参加 2015年01月06日(火)

24,725 byte

26組も出演者が集まるイベント・平々米々。
太鼓たたきの ながはら元さんが主宰するイベントです。
主催って凄いパワーを使うってこと。これは、主催をしたことのある人なら判るでしょう。
一番楽なのは、およばれして責任とらずに文句だけ言うこと(苦笑)

私はNANYA-SHIPという劇集団を何年かやってました。
主催の悲喜こもごもを身に染みて体験しました。
毎年“作品”“演出“音楽”“スタッフ”“出演者”そして“資金”を集めて花火のように公演を打ち上げる…
主催者ってどこに向かってるんだろう…
(これは奇しくも、元さんが4日のイベントの束の間、私に聞かせてくれた呟き)
こんな経験をしていた私を、敬遠こそすれ、呼んでくれる人は余りいないのでありました。

それが
2015年、初めてイベントにおよばれして、大感激!したのです。
元さんありがとう^^

あ。なんだか、私の、友達のいなさ加減を暴露する文章になってしまいましたね^^

閑話休題

平々米々は、元さんの人柄もあって、すごくあったかいイベントで、ミュージシャンも皆ステキでした★
私はというと…初めましての皆さんの前で、
M-Factoryの音を出せず、ほろ苦いスタートでした。
で、多分「楽屋」のPAシステムが3ピンのDIに対応する切り換えのスイッチに気が付かなかったのでは…、という推論に至っておりますが、確かめるまでは判りません。
ともあれ
ギターをマイクで取る、という作戦に切り替え、
元さんと二人、急速に密な時間を作りました。
♪私のグライダー〜♪キシチガルバ〜♪トビリシの口笛〜♪タカラモノ
疾走しました。(いつものことだけど。)

その疾走感を、 段ボールアーティストのブッチャーさんが切り取ってくれました。
写真がそれ、です。

ふ。2015年。走るぞ。

良いお年を! 2014年12月31日(水)

145,224 byte

2014年・・・あとわずか・・

今年は新しい出会い、 悲しい別れ、

両方私にやってきました★

来年は年明け、1月4日に中目黒の“楽屋”で歌い初めです。ながはら元さんの主宰する「平々米々」というイベント。
今年ほっけストックフェスで知り合った
太鼓たたきのながはら元さん、です。

沢山の人が出演するイベント:南谷の出番は17時30頃です。

だんだんと音楽が自分の生活の一部になっていくのを
感じる一年でもありました****

Bonnne Annes !!!

デビット・ボウイにも見せたい♪ 2014年12月20日(土)

29,834 byte

錦糸町の駅を降りて、北へ進んでいくとスカイツリーがどんどん近づいて来ます。北風に立ち向かいながら歩を進め「すみだパークスタジオ」へ。そこでは昔からの仲良し*:劇団桟敷童子の公演をやっておりまして(23日まで上演)…・その劇場へ私は吸い込まれるように入ったのです。

「TIME(体夢)」と題されたその作品
今回の桟敷童子は、今迄の歴史をぶち壊しながらも、今迄の歴史をエキスにし尽したような、宝石のようなキラキラ感にあふれた作品でありました!!

私は心の奥の方から込み上げてくる涙に体の内側が潤っていくのを始終感じながら劇場のイスに座っていたのでした。

役者さんはなんだか、任天堂DSの登場人物みたいで愛くるしい。全員!!
全員キュートだというのは、なかなか舞台では感じない現象なのですが、これも「劇団」のなせる技なのでしょうねぇ。そして、客演さんもそれに溶け込んでいました。…私もあんな風に溶け込んで存在で来ていたのかなあ、と昔を思い出しもしたのでした^^

とにかく、素敵な舞台だったので必見★

チェックしてお出かけください(m_m)
http://www8.plala.or.jp/s-douji/

阿波尾鶏 2014年12月15日(月)

60,629 byte

野口卓さんはいまや押しも押されぬ時代劇小説家である。

と同時に、昔からのお友達でもあります。野口さんの代表作に「軍鶏侍」という文庫が祥伝社から出ておりまして、それは今シリーズとなりこの12月にシリーズ6作目となる「軍鶏侍・危機」が出版されています。

ここからが本題^^
この夏、私は築地の場外市場のお祭りで徳島の鶏肉業者のTさんとお友達になりました。徳島!!ということで、私は徳島出身の時代劇小説家・野口卓さんのことをそのTさんにお教えしました。だって、軍鶏もきっと徳島の名物だろうと思ったので…

冬になり、私はTさんに野口さんの文庫本を贈ることを思いつき、善は急げで宅急便^^

野口卓さんの時代劇の呼吸を一人でも多くの人に知ってもらおうと…
そしたら、本日、嬉しいお返事が、この「阿波尾鶏」とともにやってきました。

Tさん、ありがとう!

最高にジューシーで脂ののった阿波尾鶏を、私は塩コショーでバタ焼きにしましたとさ♪

翌日は、こぶだしで水炊きに!なんとも身の締った食べ心地。椎茸と白菜との相性も抜群。柚子胡椒を片手に味わった後、締めは淡路島の濃厚卵でおじや作りました!!


めでたし、めでたし。

^^

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]


Web Diary UpVersion ver 1.27