▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

みなみた日記

今日、かんじたこと


そろそろ 2010年10月23日(土)

146,277 byte

旅の準備に余念のない私です。

今回の旅は“ピックを持ち替える南谷”をお見せしようかと・・(ふふ)ピックは4種類あるんですがその中のどれを連れて行こうか今検討中。

シルバの初デビューにするか・・堅三角と柔三角の比率はどうするか・・・とか、追求すればするほど答えは闇の中。
うそ、はっきり言って楽しんでます。

最近スカッと秋晴れが少ないので晴れの日は大事にしましょう。

引き続き『歌の芯』熟考。

歌の芯 2010年10月20日(水)

京都から帰ってきて
録音していた一日目のライブの音を復習する。

歌の芯:についてしみじみと思う。

芯のない歌は心に届かない・・・と思った。

九州に行く前の己の点検作業。

関西の秋 2010年10月19日(火)

27,334 byte

大阪に2日間、京都に2日間おりまして・・・

ま、いわば、関西の秋満喫・・でしたな。

大阪では堀江の萬福寺さんの由来をとくと伺い、
改装中の萬福寺さんが生まれ変わる2011年3月が待ち遠しくなりました。宗教界も時代とともに変わってゆくようです・・・私たちはその、時代の立会人です・・・

そして、京都の2日間は主に“木屋町~祇園”あたりをうろうろと。Somethingvではワンマンのステージを走り切りまして。聞いて下さったお客様にひたすら愛を感じました!!

***セットリストです***
1:彼女の子宮(おなか)
2:孤独について
3:ふ3892マーチ
4:花火のこと
5:私のグライダー
6:ゴーストストリート
7:すかしてんじゃないよシンデレラ
8:なくなっていくアナタ
9:和声
10:おねがいポートラム
11:恋する壁のマネをして
12:それを死後生と柳田邦男はいう
13:タカラモノ
14:アシタモ・・・
15:A Song for You
AC:ママ、泣かないで

都合1時間20分を乗り切ってぐったり。
主催の佐々木さんは少年のまま大人をやってるような人。終演後もなんだかんだと色々話せて愉しかったです。ありがとうございました。
そして2日めは佐世保で知り合った二胡奏者:紫苑ちゃんのお勧めアーティスト”中村ゆきまさ”さん(写真)との再会(3月に出会いました)

とにかく歌への姿勢が美しい人。
(美しいなんて言ったら本人は笑うと思うけど
今日の私にはこの言葉で現わしておきたいという欲望が生まれたのでそう表記しました)

ま、動物に例えたら・・・らくだ。みたいな人。

以上。
怒涛の2日間でした。

関西よ、ありがとう。

関西へ! 2010年10月13日(水)

明日から関西入りします♪

週末は京都でライブしてます。
関西においでの方は是非会いに来て下さいませ(m__m)

お待ちしています。

築地曼荼羅のON AIRは 明日9時〜11時AMです。
こちらもお楽しみに…中央エフエム84.0Mhz

慢心と成長 2010年10月12日(火)

パニック・シアター公演『私だけのクラーク・ゲーブル』は現代フランス戯曲でありながら多くの同時代日本人の心に届いたようです。

私は慢心と常に戦いながら謙虚さを自分の中に育てつつ
“成長”させていただきました。

ありがとうございます、皆さんのおかげです!!

ディスコグラフィーに写真をUPしました。

Check It !!

差し入れ 2010年10月08日(金)

104,035 byte

下北沢へ通ってます。
秋風に吹かれるのが気持ちいいので自転車を駆っています。UP DOWNは変速を利かせ、毎日違う道を楽しみながら通っています。

昨日は昼公演。

まり子さんのお客様に鯛焼の差し入れを頂きました。
この鯛焼。四谷の「わかば」という、有名な鯛焼やさんのもの。(写真参照)
しっぽまで、これでもかというくらい餡子が詰まってます。そして、餡は仄かに塩味を感じる餡。

へ〜。
わが故郷、人形町の「柳屋」の鯛焼と食べ比べてみたくなりました!!

本日は19:30開演。『私だけのクラーク・ゲーブル』

初日!! 2010年10月06日(水)

パニック・シアター公演「私だけのクラーク・ゲーブル」本日19時30に初日の幕が開けます❤❤

ハートウオーミングな、フランス人の書いた戯曲ですがナント日本人にも通じる個所が随分あることか・・・。

私はまたしても次女の役(二兎社:永井愛さんにも次女役を宛て書きされました、以前)!しかも専業主婦・・というところまで設定は同じ。

主催の中村まり子さんは、細い体で何役もこなすスーパーレディ。昨日は舞台上で息がホントにできなくなるんじゃないかと心配になるくらい・・華奢な女優さんです。あー、私は体育会系のこの身体をときどき恨めしく思うんですよ(ほんと)。

なんだかんだ言って本日、初日。
皆さま、劇場にてお待ちしております❤

ちょもらんま 2010年10月02日(土)

稽古場は大久保にあります。

大久保通と小滝橋通りの交差するあたりに
「ちょもらんま」という店がOPENすると、稽古が始まった9月初旬宣伝がしてあったそうで、その店がいよいよOPENした・・ということは、
もう10月になったのですね!!

『私だけのクラーク・ゲーブル』は今通し稽古の最中。
全編を流してみて掴めるものも沢山あり、生まれるものも沢山あるので、その中から”いただき”な個所を探しています(こうするとダメ:な個所もチェックします)

ちょもらんま登頂の日は近い(笑)

共演の原知佐子さんとは、なんと映画「蕨野行」以来の再会です!!今回は”お母さん”(いや、フランス戯曲だから“ママ”です)

どしゃぶりの同期会 2010年09月24日(金)

この上ない土砂降りの中中学の同期会が行われました。

会場に着いた時間は昨日の中でも特に雨脚が強い時間帯で・・・私は雨靴だったのに絞れるほどの靴下・・・
邂逅を喜ぶどころじゃない・・・!!

水天宮前にある会場は湿度ハイレベル。

久しぶりの人々と語り合って皆さんのテンションもハイレベル。

幹事さん、ご苦労様でした。

非常にアットホームな、いい同期会でした。

故郷って感じがしました。

東京都中央区。やっぱ特別な場所。

フランス魂 2010年09月20日(月)

28,801 byte

そろそろ、フランス人の魂を自分の役者の肉体に住まわせたい・・と思って、前に送られてきた、友人(フランス人)の子供たちの写真を眺める・・・

みんなで映画館に行った時の写真らしい、です。

お母さんと、お姉さんと私。
台本の中にはどんな感情が行き来していて、どんな流れを私の役は生きているのか・・・
それを限られた時間の中にできる限り自分に嘘つかずに、しかも見ている人たちにリアルに見せる・・・

この写真をじっと見つめる。

写真に映り込んだ幸せや音・なんかを・・見つめる。

明日は中央エフエムでこの舞台の宣伝をしてまいります★
放送は9月28日(火)。
お楽しみに!!

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]


Web Diary UpVersion ver 1.27