▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

みなみた日記

今日、かんじたこと


夜桜 2008年04月03日(木)

19,699 byte

夜桜を見ることのできた幸せ。

こっそりかみしめて

まだ少し寒い増上寺を歩く。

昨日見た夢は
HONZI追悼ライブで出会った
合成Hというバンドのヴォーカルを
やらせてもらってる夢。

ただいま 2008年03月31日(月)

42,465 byte

ほぼ1か月ぶりの東京。

桜が満開ですね。
でも寒い。ちょっとびっくり。
富山や金沢のほうがあったかかったです。

旅で出会ったいろんな電車、
色んな風景、そしていろんな人たち。

全部がこれから作るうたの素になるような予感。

写真は名古屋市高岳の小川交差点近くの桜

HONZI追悼ライブ 2008年03月28日(金)

23,368 byte

大阪の夜は深かった。

いろんな人と喋って、
HONZIをその人を透かしてみていた。

カオリーニョさん、
しゅうへい、よーこ、りえさん、あきちゃん、
文ちゃん、みんなみんな・・・。

大阪にこんなに暖かい気持ちにさせてもらえるなんて幸せ者の私。

参加バンドを列記します。

VOCE
たまご
Gosei-H
あべのぼるBAND
Asian Sonic Ensemble
NIMA
中川五郎&南谷朝子
勝野タカシ
伊藤ヨタロウ
キング堀内
SONNA BANANA
(MC) ミルクマン・・(実は映画評論家)

ふたり旅 2008年03月27日(木)

41,033 byte

五郎さんと富山駅で久しぶり(1ヶ月)の再会。

立山町「が〜びる」の堀恵さんは
バンダナ姿もりりしい姉さんでした。(写真左)

ライブは蔵を改造した感じのお店の中で
いいリバーブに包まれて
「ふたり旅はじめ」はとってもいい感じに
幕開けました。
打ち上げの五郎さんはKNBのアナウンサー
栂安さんにメロメロで・・・・
あとはご想像にお任せします。

そして金沢「もっきりや」。
初めて訪れる私を暖かく迎えて下さいました皆さん、
ありがとうございました!
五郎さんも私もたっぷり歌ってしまい
ライブは3時間にも及んでしまいました・・・
ちょっぴり反省。長すぎたかな・・

打ち上げでは姉妹店PAPER MOONの猫たちともしばし会話。

さ、今日は大阪だ。

いってきます。HONZIが待ってる。

明日から 2008年03月23日(日)

明日から1週間は
歌の旅が始まります。

富山〜金沢〜大阪〜名古屋と各地で
私と中川五郎さんを待っていてくれる人が
いる・・・・

詳しくはスケジュールをクリックして下さい。

SEE YOU SOON

今日の富山、立山連峰遥かに望める春うらら。

初日 2008年03月22日(土)

35,756 byte

春のような陽気
立山連峰が遠く霞んでいます。
春の準備のシュプールをその山肌に刻んで。

春へのさきがけ
私たちの舞台「ダンシング・アット・ルーナサ」
本日無事初日を迎え・・・そう。

北日本新聞 2008年03月18日(火)

今日は朝から晩まで
オーバードホールの舞台でリハ。

その稽古の合間に北日本新聞の人が
取材に来てくれた。
CDのことやら、3月25日に迫る富山ライブの話、
もちろん舞台の話も・・・

どんな記事になるかはお楽しみです。

3月21日(金)の朝刊に載る予定です。
http://www.kitanippon.co.jp/

明日も・・・一日リハ・・・・

今日は 2008年03月15日(土)

37,344 byte

JR高山線に「婦中鵜坂」という駅が開設した。
北日本新聞に2,3日前から宣伝していたので
最近鉄道ファンである私は
我慢できずに高山線に乗り込んだ。

多分高山線は普段の10倍は混んでいた。

目つきの怪しい鉄道ファンを何人もみかけた。

広場では陣太鼓の舞も繰り広げられていた。

マニアックな売り場には男の人が群がっていて
私は自然と微笑んでいた。

・・・いい経験でした。

明日から劇場で缶詰。

シンキロウ1号 2008年03月14日(金)

北日本新聞によると、昨日魚津の海岸で
高さ3Mにも及ぶシンキロウが観測されたようです。
今年に入って1号だそうで、
カラー写真とともに新聞34Pの紙面を飾りました。

・・・見たかったなァ・・・

本日もホテルから劇場通い。
唯一の楽しみは夕ご飯。
おお。ミゼラブル。

でも今日は朝から立山連峰が見えたので
気分爽快。
私の好きな山は猫又山と弥陀が原です、因みに。
(遠くから見てるだけですけどね)

今日の夜はFM富山で私の曲、流れマース。

いざ、富山へ 2008年03月10日(月)

23,096 byte

昨日の休日は明治座へ。
石川さゆりさんのショーを観劇。

というのも、盟友・東憲司作・演出で、
近藤正臣さん(2年前十三夜の朗読でご一緒した)も出演しているからです。

いやはや、明治座のイメージを覆す快哉。
伝統に抵抗されている感は否めないものの
これから末長いおつきあいになることを
念じて観劇しておりました。

第2部のさゆりショー。
実はこちらを非常に楽しみにしておりました。
最近の私はすっかりミュージシャン。

管が4人にギターにピアノ。ドラムス、パーカッションでキーボーダーが指揮者・・のビッグバンド。
さゆりさんは開帳場(斜めになってる舞台)で
何曲も歌う。・・・たぶんそれはとても体力と
脚力と腹筋力とが要る作業・・・私は
これから10日後に控える自分の舞台(ダンシング・アット・ルーナサ)の開帳場を思い出し
感激に浸っていた。

さゆりさん、5月まで頑張ってください♪

では、いざ、富山へ。

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80]


Web Diary UpVersion ver 1.27