▲戻る / タイトル一覧 / 最新の10件 / ログ検索 / 過去ログ / 管理者用

みなみた日記

今日、かんじたこと


無題 2012年04月05日(木)

56,064 byte

きょう

春うまれのあのこが

春の国にかえっていった。

インデーィーズ・ファイル 2012年03月27日(火)

83,598 byte

NHK−FMを聴いて下さった方々から沢山お便りいただきました。ありがとうございました!
パーソナリティの森若香織さんが「物語の絵が見えるような、歌世界・・」みたいな感想を喋ってくれてました。知らない人が私の歌を色々解釈してくれるのを聴くのはとても嬉しいです。
これからも、色んな、知らない人々に、私の歌よ届け!と思いました。はい。

最近、中央エフエムの収録で中央区に行くことが多いのですが、今日は築地をウロウロしてました。
仲良しの海苔屋さん(鳩屋)の前を通り、卵焼き屋:本玉小島の若社長が仙台の被災地味噌を応援してると知っていたのでそれを求めてきました。
私は今年6月に仙台をLIVEで訪れますが、
行かなくても出来る支援=それは購入すること。でした。購入の機会を作ってくれた若社長にも
:感謝:

もうすぐ4月。
4月9日は・・多分、入学式の日=そして久々MANDALA LIVEの日。

NEWS!! 2012年03月18日(日)

NEWSです。

3月25日(日)21:30〜23:00.NHK FM(ラジオ)

『インディズファイル』で“ゴーストストリート”がON AIRされます!

♪みんな聴いてネ...。

番組のHPから聞くこともできるらしいです・・・
http://www.nhk.or.jp/indiesfile/

銕仙会能楽堂にて 2012年03月13日(火)

36,349 byte

入り過ぎか・・と思われるくらいのお客様のなか、能楽堂での「坂本和子追悼朗読会」は粛々と幕を開け、閉じた。
私はほぼTOPバッターを務めさせていただいたのですが、全体で3時間余の時間を朗読者たちの声がときに細々と、時に荒々しく響き渡っておりました・・・舞台と橋がかりの廊下をはさんで楽屋へは筒抜けなので、出番が終わった出演者もじっと黙って、息を殺してさえいる・・そんな緊密な時間を共有したお客様と出演者が3月10日の雨の上がった夕闇の能楽堂から表参道の通りに出た瞬間は、幽気のようなものが漂ったのではないかしらと思われました。
能楽堂とは・・そういうところ・・だと、私の学友が私に本を差し入れてくれました。
それがこの本(写真)
学友はこの本の筆者の妹さんです★
この本、すごく判りやすくて面白い。同時代人の感覚で書いてくれる本だからこそ、私にはうれしい。能をみたくなるよな本です。
今回の共演者:観世葉子さんが「家ではいつもお芝居の話をしていて、きがつくと3時、4時だった」と言っていました。役者たるもの、そんな環境はこの上ない幸せでしょうネ。
私の「山月記」はこれからも進化をとげていくだろうと、感じた朗読会でもありました。

3月です 2012年03月04日(日)

30,498 byte

絨毯座プロデュース「プーランクキャバレー」にお出での皆さま、ありがとうございました。無事公演は終了。今回も演出の恵川さんの魔法にかかってチャーミングな登場人物が何人も登場しておりました。オペラを日本人が演じる・という基本を考えさせられる演出です。
もちろん、歌手の人たちにとっては“美声”を届けるのは基本なのでしょうが、その基本を超えて届いていくものの姿を垣間見る事がオペラファンの皆様へのこの上ないサービスなんじゃないかと、思わせる舞台でした。・・世界のオペラもそこへ向かっているんじゃないのかなあ(と大きく出てみましたが!)

私は一転、今週末に出演する銕仙会能楽堂での「山月記」の稽古に追われてます。先日、舞台にて確認作業(写真)。なんとも身が引き締まる空間です。
“自分大好き人間”タイプの人々(老若男女問わず)には心当たりのある物語「山月記」。さてさて、能楽堂の舞台はどんな風にそれを届けてくれるでしょう・・・お楽しみに!!

道化 2012年02月28日(火)

38,822 byte

いやあ。

私、今回、久しぶりの(?)道化です。

久しぶり・・とはいえ、何年かに一回はやっている役回り・・道化・・・そういえば、私、シェイクスピアの「リア王」観ると必ず“道化“の役がやりたいな、って思うんですよね、体内のどこかに道化の血は流れてるかも。
共演の道化が二人とも素敵な、日本でも指折りのお二人・・なのが、めちゃ気に入ってます。
今度、3人で写真撮ってもらおうっと。

山本光洋さんと小川耕作さんです。
二人とも、生粋の「芸人」です!!

いよいよ明日は初日❤道化❤南谷朝子ALLEZ!!

オペラ 2012年02月17日(金)

35,740 byte

寒いツ。
大寒波が日本列島を襲っております。

本日稽古場の帰り道は大渋滞の環八を大盤の雪がひらひら舞っておりました。

只今、写真(絨毯座HPより)のような、オペラのリハーサルに通っております。オペラの歌手の方々との初顔合わせは楽しいもので・・・助演(と呼ばれてます)の3人は、私(南谷=ピエロ&歌手)、小川耕作さん(人形遣い)山本光洋さん(ピエロ&芸人)。小川さんとはNANYA-SHIPのころ人形を使った舞台で何回も共演しており、山本さんとも加藤直さんの舞台でご一緒した旧知の共演者。それぞれに歌手の中に放り込まれてオペラの世界を汚して(?)おりまする・・ふふ。

プーランクの『ティレジアスの乳房』は、フランス語のオペラなので歌詞を聴くのが楽しい。一緒に歌っちゃったりしてます。
さてさて、どうなることやら・・・!

東海ツアー2日目 2012年02月07日(火)

31,681 byte

浜松が暖かかった・・と書きましたが、夜エスケリ‐タを出る頃はやっぱ2月の底冷えだったのです。
そして翌日は、雪残る名古屋!
計画していたメニューを先ず満たそうと(ふふ)・・・”世界の山ちゃん”へ。(去年友人に“風来坊”は連れてってもらった)・・そして、妙音通にある奇跡の整体院“長生館”へ。半年振りでしたが背骨を調整してもらって快適!

万全の態勢でライブ会場「カルヴァドス」(写真は入口)へ。
入った瞬間に時間の流れが変わった。時間をプレスしてるような空間だった。ストレートヘアの高橋ママが温まる珈琲を入れてくれて、リハーサル。
サポートギターの祐輔君の定位置を決めたのだが、そのイスが何ともいえず座り心地のいいイスだった。
ほんのり暗いその空間の、ステージに向けてのスポットライトが優しくも哀しい光だった。ママはおでんの準備に忙しそうだった^^
今回ライブの為に奔走してくれた名古屋演劇鑑賞会Kさんはマスクをして登場・・・今名古屋ではインフルエンザが猛威をふるってるらしい・・・
寒い中、ほんとにありがとうございました。

開演近くなると、お客様が沢山いらして下さいました。
受付も一人じゃ回しきれなくなって大変そうでした、ご苦労様でした。

今回はカルヴァドス用に生ギター2本編成のリハを積んできたのでそれを演奏するのは或る意味楽しみでもありました**アイルランド生まれの私のギターLOWDENの、生の響きがお店の壁に反響したり吸い込まれたりするのを感じながら歌いました。

1時間30のステージ後、お客様と色々お話しもできていい体験でした。
遥か岡崎からのお客様もいらっしゃいました!!
高橋ママは、私の「恋する壁のマネをして」の歌詞に自分のお店を重ねて聴いた、と嬉しそうに話してくれました・・皆さん、ありがとう。
お客さんの中には、カオリーニョを良く知ってる人もいて、とても話がはずんだのでした。私も少しは音楽に染みてきたかなァ・・と感じるひと時でした。

セットリスト:

1:彼女の子宮
2:昔の手紙
3:たそがれに・・
4:私のグライダー
5:おねがいポートラム
6:ぼくらは一人
7:記憶のとびら
8:恋する壁のマネをして
9:YU-REI
10:タカラモノ
11:それを死後生と柳田邦男はいう
12:Dure Mere
AC:トビリシの笛〜Kissをしよう

こいつァ春から・・・! 2012年02月05日(日)

36,390 byte

縁起がいいぜィ・・。と云いたくなるよな、楽しい旅でした。
2月3日(金)浜松エスケリ‐タ69〜名古屋カルヴァドス。

浜松は初めましての土地だったのですが、とにかくまず日差しがあたたか。静岡県ってのは広いですねェ。
うなぎパイの工場やら、イチゴ狩りの看板やら、気になる場所を横目に目指すは「Esquerita(エスケリータ)68」
写真みて下さい。お店は不思議空間ですョ。浮遊してるんです。色々。
一口では説明できん。兎に角、一度訪れてみて。
その魅力に納得してくれると思うから。

お店の一押しの”ベーグル”はバンズも香ばしいし、中身も充実。おいしい。
Madamの作るケーキもヘルシー&デリシャス。
昼間はきっと“味”の魅力に取りつかれた人たちが行列を作ってると思う。

夜は、“宙づり“のスピーカーが紡ぐ空間の魅力に、ミュージシャンがひかれて集まってくるんだと思う。

吸引力に溢れたお店です。エスケリ‐タ68.
(http://esquerita68.com/images/esquerita68map.gif)

おっと。人物の紹介をしてなかった・・・店長(?)のゴトーさんはファンキーな魅力漂う人。で、作ってくれる“音”が抜群にイイ!!のです。
リハーサルで音作ってくれてる時から”わ、いいな”と感じてて、本番もすてきだった。
共演は「浜松のユッキーナ:大塚友紀」低音が心地いい唄声の歌姫でした❤仲良く写真など撮ってくれた。ありがと!
ライブにはユッキ―ナのファンが集結。皆さんエスケリ‐タの“音”の良さを口々に讃えていたのでした**

ファンキー店主のもとに集まってくるグッズが店中に溢れてるところが又うれしい。飾ってあるものは気になるものだらけ。(この感覚は、大阪阿倍野の”ROCK食堂”に行った時の興奮に似ておりました)
因みに南谷、一番気に入ったのは、Toiletに入る直前の棚の上に鎮座していた“頭蓋骨”。

最近“頭蓋骨”って唄が出来たばっかりだったので電気走った・感じでした。ふふ。

南谷の節分唄旅・・・前半のレポート・・でした★

さあ歌をうたおう 2012年02月02日(木)

歌を歌いに・・・

明日は浜松:ESQUERITA68
あさっては名古屋カルヴァドスへ参ります!

エスケリータは、最近知り合った矢野忠さんや、HONZIつながりの熊坂義人さんがおとずれているライブハウス・・・なんか、お店のHPではベーグルが美味しいと!!食べたい!

そして名古屋は食の宝庫だからな・・・

あ、食べ物の話ばかりになりました。

今回のツアーはギターの祐輔君と二人、二人ともナイロン弦ギターで準備しました!
すごい深くて包み込むような音作りになってますので
乞うご期待・・・・
私もナイロン弦のギター「LOWDEN」と格闘中。

↑前のページ / ↓次のページ

ページ移動 / [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83]


Web Diary UpVersion ver 1.27